ごあいさつ

全国中学校空手道連盟
会長: 中村 宏樹

 本年度の改選により、全国中学校空手道連盟の会長に就任いたしました。
もとより微力ではありますが、中学生空手道の普及と発展のために取り組んで参る所存であります。皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願いを申し上げます。

 2020年の東京オリンピックでの、空手道競技の実施が現実のものとなろうとしています。正式には、IOC総会を待たなければなりませんが、大きく前進をしていることは間違いのないところです。
 夢が叶えられるその日まで、最後の最後まで気を緩めることなく、空手道に関わるすべての人々が力を合わせてまいりましょう。全国中学校空手道連盟も全力で取り組んでまいります。

 全国中学校空手道連盟の目標は、(公財)日本中学校体育連盟への加盟を実現させることであります。(公財)日本中学校体育連盟への加盟が実現すれば、空手道を志す中学生達が、他競技の生徒達と同様に中学校で部活動に取り組むめるようになるとともに、郡市大会や都道府県大会、地区大会、そして全国中学校体育大会へとつながる中学生空手道の環境が確立されるます。そのために(公財)全日本空手道連盟のご指導をはじめ、関係各機関との調整を図りながら、加盟に向けての取り組みを進めてまいります。全国各地の空手道に関わる皆様におかれては、空手道部創部活動をさらに積極的にすすめていただきますようお願いを申し上げます。

 中学校の保健体育の授業において、平成24年度より武道が必修化されました。すでに素晴らしい実践を積み重ねられ、空手道授業実施にあたっての手本となる研究成果を上げてくださっている学校・地域に加え、実施される学校も全国各地の200校を超えるまでに広がってきております。
全国中学校空手道連盟においても、(公財)全日本空手道連盟作成の『空手道指導の手引き』とあわせて、各地の実践を紹介していくとともに、全国各都道府県の中学校において一校でも多く空手道の授業が行われるよう働きかけをおこなって参りたいと考えております。

 全国中学校空手道連盟は、全力を挙げて中学生空手道の環境づくりに努めて参ります。今後ともご指導ご協力を賜りますようお願い申し上げます。